slow people

登山、キャンプなどをゆるく楽しんでます

インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向

 

 コロナ禍というリアルな有事に、改めて自由と国の在り方にどう考え行動すべきかを、共産主義脅威や最先端な国防を国内外の視点で研究されている著者が、共産主義の歴史的背景とその後の現代への負の影響を根拠に日本の脆弱な国防へ警告するインテリジェンス入門書!

 

前半の戦前戦後の共産主義者の暗躍とその犠牲者にまつわる北欧のエピソードにインパクトを与えられるのだが、本終盤の「DIME」に基づく今後の日本国の国防への提言が、印象強く心に残った。

 

資本主義国家に生まれたからには、経済の繁栄こそが国を豊かにし自己の満足へとつながることが望ましく、まず減税することにより消費基盤を整え、経済成長のスピードを高めることで国民が稼いだ潤沢な資金により国防強化を図ることが理想である。つまり明治時代の日本の目標であった「富国強兵」という国防強化の原点に戻ったわかりやすい提言。日本は現在他国と比較すると、脅威となるような軍事力はもたなく、経済成長も止まったままなので軍事予算もかけられない。他国の脅威は日々迫っている。新型肺炎で露呈された日本の有事対応力。政治・経済・情報収集力・軍備の現状を理解し、国民の意識を変えてくれる真の平和社会実現の指南書といってもいい。

 

 

次は教科書にいまさら載せられない、日本近代史でタブー視されてきた問題に迫るこの本を読破する!

コミンテルンの謀略と日本の敗戦 (PHP新書)
 

 

保守自由主義を学ぶためのプロセス

新型肺炎や米中冷戦の影響で、もっと国際情勢の真実を知り、自身の自由を守らねばと、意識高い系になってしまっているようだ笑。

学問に従事した方々からすると薄くみられるかも知らないが、テレビのドラマやワイドショーよりも、現実に起こっているリアルなリアリティーショーのほうが、断然面白い。

そんな単純な理由でもないが、そうでもない。とにかく興味があるので、国際情勢を読み解く本を数冊買った。

著者は、江崎道朗(えざきみちお)先生の知見、文章力に惹かれ、代表作2冊を購入。

私的に、国際情勢を読み解く順序は、

  1. 国際構図
  2. 自国民である日本のポジション
  3. 日本の政治経済の事実
  4. 日本の政治経済の事実の根拠となる論理や歴史
  5. 上記踏まえた上で、他国でも同じような事実、史実が存在するのか
  6. 上記を踏まえた上で、国際構図を再考

今考えつくプロセスはこんなところか。

そして早速、以下下調べをした。

前提:保守自由主義を学ぶための知識として

これから読む本は、

 

 読んだらインプット補完のため、後日このブログで書評アップします。

感染症と、中国共産党と、報道

 世界を揺さぶる感染症

例の流行中の新型肺炎で日常が変わりつつある。

できれば変わってほしくない。

いままでの日常生活は、変える必要はないと個人的には思う。

|新しい生活様式

「新生活様式」を政府が策定し、日々テレビが報道しているが、何故「新」という漢字がつくのだろうか?馴染んでいる人もいるかもしれないが、多くの人が疑問を持っていると思われる。

新型肺炎はまだ治療法が確立されていないので、まず感染しない、させないことを対策することが最優先であることは否めない。

しかし、流行はいつか終わる。限定的な対策であってよい。なぜいちいち「新しい」との文言をつける必要があるのだろう。

厚生省ホームページの「「新しい生活様式」実践例」を見てみた。

「(4)の働き方の新しいスタイル」を汲んでのネーミングなのだろうか。この項目は仕事の在り方に特化しているが、ヒトの本能行動の抑制を促す提言は無いように思われる。働き方は技術の進化とともにブラッシュアップされるもので、新しくなることはあっても、昔のノウハウに戻ることは原則ありえない。

なのでそこは賛成だが、この実践例(1)〜(3)については、何万年も変わらないヒトの本能行動を抑制するものであり、非常に受け入れがたい。正面向き合うなとか、2m離れろとか、無理だろ。

そうはいっても、私も日本人であり、娘たちが県外で孤独にテレワークやリモート授業を実践していることを思うと、感染拡大防止に協力しなければと、ストレスを感じつつ、ソーシャルディスタンスを意識し、マスク着用を怠らず、何とかこの感染症と付き合っている。

そんなとき、この本をアマゾンで見かけた。

量子コンピュータの衝撃

量子コンピュータの衝撃

  • 作者:深田 萌絵
  • 発売日: 2020/05/14
  • メディア: 単行本
 

中国共産党(以下、中共

題名のとおり、前述の本は衝撃的な内容だった。

amazonのレビュー評価は、星4.5/24レビュー(2020年5月31日現在)

大まかな内容は、スパコンを凌ぐ量子コンピュータの開発が進んでおり、その能力は現在のコンピュータ(この本では「古典コンピュータ」と呼ばれている)の暗号をすべて短時間で解読できるほど脅威の能力を備える。この量子技術の覇権を中国共産党に渡すと外交や軍事にどのようなことが起き、デジタル全体主義が台頭すると自由主義の崩壊、我々の自由権利は失われてゆく、という、光フォトニクスや5Gなど技術的根拠に基づいたリアルな警告著作。

ここ数年、ネットの情報発信の普及により、地上波では忖度や圧力で語られないニュースを、個人で調べられるようになり、特に中共のネガティブニュースには驚くことが多いが、この本を読むと過去・未来、中共が考えていることが、根拠を伴って頭の中で繋がっていく。

複数のジャーナリストにより上記ニュースはネット上で報道されており、証拠や根拠も明らかになっている、事実であるといっていい。

そもそも歴史や思想が全く違う民族で、そこにソビエトの諜報政略思想も入っているのが現在の中共。今年30周年を迎える、天安門事件を忘れてはいけない。

報道

テレビ地上波のおかしさにようやく気がついたようだ。

最近ドラマ以外の番組に不快な気持ちになることが多々ある。新型肺炎の報道がきっかけになった。

  • 感染者数累計を大々的に報じる
  • 退院者の数の報道はあるかないかのレベル
  • やたらと大規模PCR検査実施を煽る
  • 新型肺炎対策を近隣諸国と比較し自国を貶める報道

|視聴者を侮るな

特に毎日報道される感染者数データには、多くの国民が疑問を持たなかっただろうか?数値の分析に少しでも携わったことのある人なら理解る話で、「今日は〇〇人感染、これで感染者〇〇千人です」って、こればかり誇張して、感染した全員が入院しているなら話はわかるが、ピーク時でも陽性者数に対し重篤者数が4%弱なのに前向きな報道は行わず、感染者累計数ばかりを強調した報道が常に先行した。こうした報道は多くの人々にこの風邪へ恐怖を抱かせ、コロナ脳や自粛警察を生み出した。

そして直近では、検察法改正反対の何百件ものスパムツイートを、件数を人数として報道し訂正もしない報道番組があるなど、テレビ局により差はあるにしても、度重なる放送事故や報道ミスを考えると、この業界は倫理的におかしい。

まとめ

  • 新型肺炎を機に、世界が変化し、そしてさらに変化は加速する。
  • 米中対立が未来を左右する
  • 知らされなかったファクトがさらに明るみになり、大衆心理が変化する

個人の見解であることを前提として、私は以上のことと、過去の歴史上の事実、昔1年ほど中国で経験したことを踏まえ、総合的にまとめてみた。

  • 報道機関は、偏った思想に染まった人々に牛耳られているのではないか
  • そもそも日本の教育や教育者自体に、偏った思想にとらわれている層が存在する
  • そうして偏った思想や歪んだ物差しを持った指導者に、情報を操作されている部分も間違いなくある
  • 親中派の政治家は、中共になにかしら弱みを握られ、そのような政治家が多数存在する
  • 共産主義思想の人々が、上記の元凶

フィルターがかからないWeb上の情報や自由保守論者・学者の情報を日々とっているが、上記は事実であることは間違いない。ググってその対象のファクトが証明できれば、情報はいくらでも取りにいける。

Webばかりではなく、もっと本を読んで、深く自国や世界のことを学ぼう。

Laravel 6.x ubuntu18.04においてのインストール手順

UdemyのLaravel教材が一段落ついた。

フライングでも見切り発車であろうと、最速のインプット==アウトプットであることが定説。次はそこそこの知識で、オリジナルのサイトを作成する。従って、Laravelのインストールから復習。

環境

OS: ubuntu 18.04

php7.4

Laravel 6.x

手順

  1. 端末よりコマンド操作でインストールを行う。まず、プロジェクトを作成するディレクトリを作成。ホームディレクトリまたは適当なディレクトに$ cdコマンドで移動し、コマンド→$ mkdir [ディレクトリ名]
  2. composerを使用し、Laravelをインストールする(事前にcomposerをインストールしておくこと必須)。コマンド→$ composer create-project laravel/laravel [プロジェクト名]
  3. 長くて4〜5分でインストールは完了し、プロジェクトディレクトリが生成される。アプリケーションキーは表示されない(mac環境では表示され、コピーして保存することを推奨される)。このとこが問題なのかどうかは、わからないが、自身のプログラミングにおいては影響ない。

注意点

データベースはどれを選択するのかは、どのような開発環境にするかによるが、私のような初学者は、sqliteを使うほうが、学習が滞らない。sqliteがない、またはドライバーがなければ、次のコマンドでインストール →$ sudo apt-get install sqlite

Laravel 6.x学習、またも停滞

学習環境

OS: ubuntu 18.04

php7.4

Laravel 6.x

何が起きた?

  1. datebaseに接続できない
  2. php.iniのdatabase設定の編集のroot権限での方法もわからない
  3. エラー内容: sqlite create table if not exist [テーブル名]

結論

  1. について: そもそも、sqliteドライバーというドライバーが、なかったようだ。次のコマンドでドライバーをインストール →$ sudo apt-get install sqlite
  2. について: 一時的にroot権限で読み込み専用ファイルを編集できるコマンド→$ sudo gedit [ファイルパス]

 

反省

わからないことがわからない。

環境周りは、ぶつかりながら覚えるしかない。

初心者レベルなのでしょうがない。

 

 

 

「死の淵を見た男」読了後に思いふける、退職、独立、現場、生き方

 

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

  • 作者:門田 隆将
  • 発売日: 2012/11/24
  • メディア: 単行本
 

 東日本大震災発生から9年が過ぎ、そのノンフィクション映画が公開されることからこの本の存在を知り、読んでみた。大津波に襲われ、日本を放射能汚染を食い止めた福島第一原発の現場の記録である。

 

感想を率直に申し上げると、想定外のことが起きても、そこに人がいる限り、使命があり、守るべき人がいて、だからやるべきことを最後までやり、結果は自ずと出るのだということを強く感じた。そして強いリーダーがいれば、部下がついてきて、強いチームが生まれ、人を束ねると強い行動力が生まれ、人は追い詰められるほど結束力と行動力で想定外を押し切るのだと、改めて人間の素晴らしさを認識させられた。

 

私は全く原発のことはわからないが、どちらかというと原発は生活には必要だと思っている。生活にエネルギーは欠かせない。ただエネルギーをどのようにして生成し、多くの人々が安定して取得するのかと考えると、一般的な様々な意見がある中で、現代においては原発が適してるという意見に賛同する。このような大事故が起きたからこの世から排除するのではなく、人の暮らしを豊かにする素晴らしい技術と、これを供給する技術者をもっと評価し、本の終盤にもあるが、そもそもの運用に対しての想定の意識を高め、この事故を教訓に、時代ごとに原点に戻り運用基準を見直して行けば良いのではないかと考える。

 

話は変わるが、私は2014年に15年在籍した会社を退職し、脱サラした。独立への思いもあったが、どちらかというと円満退職ではなく、会社に不満をもったまま辞めた。誰でもサラリーマンは仕事を辞めたくなる時期があると思うが、とどまっている人は多くいると思う。私が辞める気持ちを止められなかったのは、会社内に尊敬できる人物がいなかったことが大きい。この人の言うことなら黙って聞く、そんな人物に15年間出会えなかった。「死の淵を見た男」を読んで、福島第一原発の現場が羨ましかった。

その前に4年間在籍した職場には、尊敬できる人物がいた。妻との結婚を機にその職場を辞めざるを得なかったが、その方から教わった仕事の哲学が現在に至るまで仕事のベースになっており、それを超える人物と出会えてない。出会おうとしない自分もいるが。

 

15年間勤務した職は運送業で、運転も管理者も経験した。運送の現場はしばしば混乱が生じる。天候や交通の乱れにより、荷物が届かないと、作業は時間に追われ、お客さんからは問い合わせが多数入り、普段より時間が限られる中で、多くの仕事をこなさなければならなくなる。時間には限りがある。24時間働くわけには行かない。限られた時間に終わらない仕事もあるが、なにかしら目処をつけなければならない。運送はものを右から左に流すだけの仕事ではなく、必ずものを送る人、受け取る人がいる。お客さんに謝り、説得し、どのようにその果たせなかった約束を別のかたちで受け入れてもらうのか、経験と知恵でなんとか乗り越えてきた。

しかしこれも、4年間在籍した前の仕事の経験があってのことだった。その仕事はサービス業で、少なく見積もっても幅広い年代の性別問わない10000人くらいの方々4年間であるがお世話させていただいた。お客さんと言葉を交わし、寝食を伴い、貴重な休日を喜んで過ごしていただくサービスであり、日本人に限らず様々な人間がいるのだと、働くと同時に人間の素の姿を学んだ4年間であった。

 

今も独立して運送を続けているが、1日100個あまり宅配する単純作業。東電のような未曾有の大事故に巻き込まれる当事者には恐らくならないだろう。しかしいつ何が起きても動じないように、思い込みをなくし、時間を大切にし、原理原則を守って物事に対処し続けることが、最終的に人に喜びや安心を与えられることだと思う。ただ、未だに共通認識をもった仲間や尊敬する人物が、周囲にはいない。でかい仕事は、まだ当分できそうにないな。

 

 

 

Laravel 6.xの環境構築でドツボにハマった備忘録

Laravel 6.xの環境構築中、composerを使ってlaravel をインストールし、環境変数pathの設定をわからないなりにようやく通したあと、ハマった。
端末(bash)でインストール作業を行った中の、基礎知識欠如の反省の記録。

環境

  • OS: Ubuntu18.04
  • 言語: PHP7.x

何が起きた?

プロジェクトディレクトリ生成時に、以下のエラーが表示された↓

the requested PHP extension zip is missing from your system.

結論

→初心者なりの結論から申し上げると、
まず、エラーの内容は、解凍するツールがないからインストールできないとのことだった。

↓以下のaptコマンドで解凍ツールを取得し、もう一度laravelコマンドを実行すると、プロジェクトを生成できた。↓
$ sudo apt-get install php-zip

反省

  • パッケージ管理システムへの知識と理解不足→aptやcomposerの役割を、ふわっとだが必要度はインプットできた…?だろう…。

こうしたことから、aptで解凍ツールをダウンロードするところを、RedHatディストリビューションcentOSなど)で使うパッケージ管理ツールのyum(ヤム)のコマンドをあれこれ入力したりググったと、本末転倒であった。勢いで突っ走る情弱独学者丸出しで、恥ずかしい限り。